5thアニバ後半ビンゴ爆走記録

モバの5th Anniversary Live 〜絆の在り方〜(7/22〜7/31)を2枚取りしたときの記録。

 

目標

100位入賞

 

結果

3X位(20億くらい)

 

実際のポイント推移

今回は珍しく、毎日寝る前に進捗を記録していたのだ!

(ただし、寝落ちした日が二日ぐらいあったので、その場合は朝一でスクショしたのだ!)

f:id:yeahgenkayhappy77:20190731230023p:plain

 

準備

・勝手にアニバ雨彦上位はマラソンだと思い込んでいたのでマラソンの準備ばかりしていた。おやすみメガホン

・日々のバー養殖! 今までで一番バーが多い状態で始められた!

・アニバ後半で上位かもしれないと思ったので、前半の冬馬マラソンのレポートは提出せずにとっておいた。イベント限定のおみやも同様。案の定だったので前半終了後に全部提出。アイテムを得る。

・めちゃくちゃ……インテリSR+をお借りする……。担当上位が来るたびに応援してくださってありがとうございます。本当に感謝しかできない。雨彦BD特効とかアスランBD特効とかその他諸々必要な時にスッと出せるようにがんばります……。

・16コスSR+雨彦、14コスSR+インDa6名、特効R+クリスさん×2と九十九先生×1。

・準備というかなんというか。初めて2枚取りしたSeaside Liveから1年の間に、アスラン上位ビンゴで2枚取りをしたり、他にもちょいちょいビンゴで1枚取りをしていたおかげで、ビンゴについてはなんとなくやり方がわかってきていたところだった。今思えばアニバで初マラソンだったらもっと精神的にキツかっただろうな……。でも雨彦マラソンも待ってま〜す

 

アイテムの増減

開始前

ゼリー 405

マイゼリー 119

ハーフゼリー 404

 

バー 87

フルバー 94

ミニバー 3074

 

終了後

ゼリー 308

マイゼリー 無

ハーフゼリー 1

 

バー 112

フルバー 19

ミニバー 153

 

買ったもの

スタダ全部、毎日150、ラスパ各1、アピールアイテムパック1000を1

 

おみや

実は、今年のカフェパレイベントラッシュで少しずつ使ってしまっていたから、そんなに持ってなかった。アニバ前半でもらったおみやも後半に回して使った。三日ぐらいで尽きた。プラチケ渡されると嬉しいような違うような複雑な気持ちになる。

 

ボーダーの予測

どうせ考えてもわかんねえから、ポイントより順位を見て走ることにした。100位より上にいけば"勝ち"だから(脳筋)。

アニバだから生半可な数字じゃないとは思ってた。

イベント開始から2時間遅れて走り始めたが、その時点で全く追いつけない高さと速度になっていたので、これはもう覚悟決めて20億ぐらい積もうと思った。最終日の朝には100位ボーダーと3億以上の差をつけていたいと漠然と考えていた。最終日は副業で、張り付けない状態だったから。

 

ガシャ結果

有料→100円1回と6人と18人1回ずつ。特効のクリス2枚と九十九先生1枚。

長チケ→20億pt分回して金人間2回(英雄さんと龍くん)、北村十数枚。

2%チケ→初めて仕事した!!!しかも2回も!!これはちょっと面白かったからあとで別に書く。

 

稼働時間

アスランイルミのとき、睡眠時間を削りすぎて痛い目を見た。今回は10日間という長丁場だったので、睡眠時間は少なくとも5時間は確保しようと決意。4時間半ぐらいしか寝られなかった日もあったけど、まあまあできたと思う。寝落ちした日もあったし……。

また、運良くイベント期間中に休みが3日あった。本当によかった。

副業がある日は基本的に夜しか走らなかった(副業が休みの日は昼から走った)。朝はボーダー観測しながら通常営業した。バー増やす余裕はなかったので気休め。一日だけ出勤前にボナタイ叩いたけど、向いてないなって思ったからやめた。

 

走り方

基本戦術はアスランイルミのときと同じ。HARDのメインステージでプレミアムライブが出るまで周回。プレミアムライブが出たら叩いてHYPERに突入、そこからはボナタイを切らさないように頑張る。ボナタイ切らしたらHARDに戻ってプレミアムライブが出るまで粘る。

ただ、今回は爆速ボーダーだったので、1時間20分の休憩も挟んだらいけないと思って休憩は最小限にした。ビンゴは途方もない積み重ねゲーで、よほどの財力や強いデッキがない限りは時間を費やすしかなかった……。

この1年で「ビンゴにおけるガシャ特効はR+でもめちゃ強い、SRならもっと強い」ということを学習したので(主にBNM!とナイトサファリで)、腹を括ってガシャも回した。パッションRが30あったので、ちょうど特効R3枚を得た時点で全てパッチェン。

アピールアイテムはライブ規模が500以上の時、できれば725の時だけ使うようにした。ボナタイ終了スレスレの時にライブを一発で終わらせるために突っ込んだりもした。

 

学んだこと、気づいたこと、感想など

・100万ptを100回積んだら1億ptになる(あたりまえ体操

・アピールアイテムには、バー節約だけでなく時短の機能もある(あたりまえ体操

・だいたい時速5000万ptぐらい

 

雑感

・「ビンゴには獲得ポイントが倍になるようなアイテムがない。プレミアムライブを叩く以外に点をたくさん稼ぐ方法がない。プレミアムライブが出るかは運の要素が強い(自分でタイミングを選ぶこともできない)。つまり、突然特効SRを引いたり、突然めちゃくちゃな勢いで725万のプレミアムライブが出たり、突然3桁くらいのアピールアイテムを使ってものすごい時短をしない限りは、最後の最後でめちゃくちゃな大逆転ができない」という事実は私を勇気づけた。

最終日副業だったもんで、爆死めちゃくちゃ怖かったんだよね。でも、めちゃくちゃな大逆転が何十人分も起こらない限りは勝てると思えたから、これに気づいて良かった。

・バーは尽きなかったけどゼリーは尽きた

・レベルめちゃくちゃ上がった

・私の場合、ビンゴのお供には映像がよい

・もう思い出メモ1枚で開けられる雑誌がない

・快適にイベントを走れるように、3C●INSでワイヤーのスマホスタンドを買ってベッドに取り付けたら、快適に寝落ちした

・ボーダーを見ていると、みんな"選んだ道をただ…貫き"すぎてて面白かったし、「みんな、せーので三日ぐらい休もう!?!?!」って思った。

輝きを手に入れるなら一瞬だってもう諦めないのか!?みんなちゃんと寝てるか!?担当に似て慢性的な睡眠不足なのか!?命大事にして!!!とハラハラしていた。

私自身も首と手首がいかれそうになったり(ちょうどいい姿勢を編み出すのに時間がかかった)、頭がおかしくなったりしてヤバかった。体調崩さなかったのは奇跡。

でも不思議と楽しくて、イベント終わるのは寂しかった。

楽しかったです。ほんとに。伝説のアニバーサリーライブにできたかな。これからもよろしくお願いします。ありがとうございました。

闇の世界(※イルミネーション)爆走日記

※2018年11月30日〜12月7日に開催されたFantastic Illumination2018を二枚取りしたときの精神などの記録、をイベ期間中〜終了後に書いたもの、が今更発掘されたので貼ったものです。数値とか走り方の話はこっち↓です。

yeahgenkayhappy77.hatenablog.com

 

※走っている時の本人の体験としてはこれまでで一番面白かった(興味深かった)です。

 

怒涛の11月、そして予告まで

11月。オフショに各方面から叩きのめされ、ステでは紅葉旅行夫婦プランの撮影を膝に受け、サイバネ2の撮影もあり、とにかくアヤ清の息子さんにかかりっきりだった。

そして月末、わけみに生でWTドイツ開催が発表される。

どう見てもアスランがいる。なんか……いるんですよ……。

あー、やべー、これは上位かなっつって、サイバネから手を引いて、ステでチェンジしていない子たちからゼリーを巻き上げ、イベ限ゼリーで恒常ストーリーを全開放して、星を数えて過ごしていたんです。

そしたら、11/27だったかな。きたんですわ。モバの予告が。

おっ、イルミネーションライブ?今年はどこだろう、なんて思ってたらバナーにどう見てもアスランがいる。なんか……いるんですよ……。

記憶が歪みすぎて前後関係を全く思い出せないんですが、結局WTはガシャSSRと発表されて。

ええ~~~~~??????

ですよ。

私は、ガシャと上位なら上位の方が好きです。走れば取れるからです。

だから今回はモバを優先しました。WTが上位だったら両方走っていたと思います。

WTが発表されたあたりから意識が朦朧としていたので、今回はSeaside Liveの時のように日記はつけてありません。思い出しながら書いていきます。

 

 
イベント開始前日まで

予告の文面からビンゴの波動を感じたため、過去のビンゴイベのボーダーを眺めていた。それこそ今年の節分もアスラン上位のビンゴだった。あの時はバーの備蓄も全然無かったのに、頑張って走った(あほだな~)。

今回の選択肢は二つ。1枚取るか、虹称号を取るか。

イベント開始前の時点でミニバーの数が1000以下だったから、最初は1枚取りの線で考えていたけれども、どうも「アスランちゃんの虹称号が欲しい」の気持ちが強くて、本当にギリギリまでどちらにするか決められなかった。あみだくじでは「2枚取り」と出た。さすがにそれは無理でしょ。と言いつつ、やっぱり諦めきれない。

だからせめて、どちらを選んでもいいようにボーダーを予測しようと思って、過去イベの1000位と100位のボーダーをバーっと書き出して推移の仕方を見て、節分イベと照らし合わせ、どれくらいになるのか一生懸命考えた。今となれば自分の計算を信じなくて本当に良かった(数字わかんない)。

最悪1枚しか取れなくても、のちのちトレードすればいいよねって思ってた。

 

11/30(イベント初日)

まずはWTガシャ開始。貯めた星とチケットで50連したけど都築さんすら出なかった。
気持ちをスッパリ切り替えてモバへ。まさかの両面(WTも含めると実質3面なわけですが)。

どうしようどうしようって思いながらイベント告知を開いたら、チェンジ前のアスランちゃんがそれはそれは可憐で、たいそう華やかで、まるで宗教画だった。いつの間にか爆走してた。

(ちなみに、この日は担当二人のバナーが並んだ貴重な日だった。11月は激しすぎた

 

12/1

二日目。やっぱり自分の勢いを落とせなくて、今回は虹称号目指して走るのかなとぼんやり思いはじめる。

プレミアム撮影を温めながら風呂の準備しつつ、片手間に溜まった長チケを消化していた21:54。

人間が金に光った。

アスランさんがいた。

全然期待してなかったから大変びっくりして、体の力が抜けてしまった。ギックリ腰10歩手前くらいの状態になった。トレードでもなんでもして、私のほうから迎えにいけばいいと思っていたから、こんな早い段階で来てくれるなんて思ってなかった。

本当に宗教画のようだ。大量の胡蝶蘭に負けないアスランの華は一体なんなんだろう。迫力があるだけじゃなくて可憐なんだ。本当に美しいなあ、全てが美しいなあ、稀有な人だなあ。出会えてよかった。どうしたらいい。

せっかくアスランちゃんがこんなに早く来てくれたんだから、2枚取りを最後まで走り抜こうと思った。

 

12/2

三日目。ボーダーの速度がやばい。私は爆死するくらいなら絶対にオーバーランを選ぶ人間だから、やっぱり勢いは落とせない。

バーの数を心配しはじめた。早くも開始時の半分くらいまで減ってしまっていた。

そこで、信頼度MAXになっていないカードをかたっぱしからマイデスクに設定して、思い出メモ=ミニバー2本に変えることにした。

無限ボナタイでHYPERを周回していると、あらゆるアイドルから即座に信頼される。でっかい撮影をしてるPには無限の信頼が湧くっぽい。

 

12/3

四日目。ボーダーこわい。

信頼度を上げられるアイドルが片手で数えるほどしかいなくなった。それでもバーは減る。

どうしようもなくなったので、Twitterで「私が持っていなさそうなイベRを貸してください」と非常に曖昧なお願いをつぶやいたところ、TLにいたPのみなさんが次々と手を挙げてくださった。ありがとうございました……。最後まで戦えたのはこのバーがあったからです。

ちなみに、このときRを貸してくださった皆様、それぞれ守備範囲が異なっていたため、めちゃくちゃいろんなカードが来た。一枚も被ってなかった。劇場版の最終決戦で集まってくる仲間たちのような趣があった。

余談:桜庭先生がめちゃくちゃ弊事務所にいらして、営業中にときたま「こんなところで負けたら許さんぞ。」って言ってくるので気合が入った。私もこんなところで負けたくない。

 

12/4

五日目。急に精神がキツくなってきた。まだドイツに出国できていなかったのである。せっかくの担当上位とWT、両方とも全力で楽しみたかったなあという遣る瀬無さと怒りで心が折れそうになった。

それでも止まるわけにいかないから、気分転換にコンビニに行こうと外を歩いていたら、急に頭の中に懐かしい曲が流れてきた。

315プロに入る前、ずーーーーっと聞いていた某バンドの曲であった。

SideMを始めてから、精神が比較的健康になった。

その理由の一端は、彼らの歌う歌がどれもこれも前向きで、優しく温かくかっこよい歌だったことだろう。不思議なもので、歌詞として覚えた言葉が時に自分を励ましてくれたり、休ませてくれたりすることがある。そういう歌ばっかり聞いて歌っていたら、わりと思考が健康になった。すごい話である。

一方、好んで聞いていた某バンドの曲は軒並み毒、毒、血、死、性、傷、病、サブカル、アングラという感じで、もう真逆。めっちゃ真逆である。315プロの中なら、北村がギリギリ聞いたことあるかなっていう感じの……。

こういう音楽を聴きながら、星のような彼らと接するのはあんまり良くないんじゃないかと無意識に思っていたのもあって、なんとなく聞かないようになっていたけれど、今それがめっちゃ聴きたい。

帰ってすぐ自室に篭り、イヤホンつけて爆音で件のバンドのMVを見た。途端に元気が湧いてきて、イベント周回を勢いよく再開した。

好きだ~~~やっぱり好きだ~~~~離れられない~~~馬鹿野郎~~~

って思った。

さらに気分を上げるために、アスランの主っぽい格好をしようと思った。クローゼットにかけてあった”アスランの主っぽい”服を着て、アクセサリーをつけて、深いボルドーのリップを塗った。これは私が大好きな服なのである。もう気分が爆上げである。

いい年の女がすごい格好でPCの前に座り込み、イヤホンをつけて頭を上下に振りながらひたすらスマホの画面をタップしている。地獄絵図というと大げさだから幽霊画ぐらいにしておこうか。

割と限界極まる光景だったと思うけれど、私は全身好きなものに包まれて大好きな映像と音楽を浴びながら大好きなアスランのイベントを走っていて、最高の気分だった。

ボナタイが終わったとき、「好きなものを好きだと言えばいい」という歌詞を思い出してエモくなった。咲ちゃんの座右の銘である「大好きって言葉、大好き!」も。

そうか。今、この状態は確かに地獄絵図だけど、Happy NightmareのNight Paradeだったんだ。好きなものを好きだと叫び、全てぎっちりと抱きしめて、「好き」のバフを重ねれば無敵になれるんだ。カフェパレ好き(オタク特有のイキ告)。

 

12/5

元気よく六日目。ボーダーが怖い。

わりと積むとこまで積んだ感じがしたので、気分を切り替えてドイツへ出国。好きだなあ、このメンバー。

おみやは尽きた。

ミニバーがゴリゴリ減っていく。このままでは調整用のミニバーが残せない。

フルバーに手をつけるか散々悩んだが、

「マイバー系は何千本貯めてもアスランとトレードすることはできない」

と思ったので普通に使い始めた。

 

12/6

七日目。最後の夜。マイバーは尽きた。ミニバーも残りわずか。なかなか戻らない限バー。

ついにマイじゃないバーに手をつけ始めた。

「マイじゃないバーが何本あったってアスランの虹称号は手に入らない」

と思ったので普通に使い始めた。

どんだけ積んでも大丈夫だと思えない。

ここまで来たら絶対に負けたくない。

 

12/7(最終日)

最終日。

起きてすぐボーダーを確認する。めっちゃ上がってる。ゆうべ寝る前に走ったところまでで止まるつもりだったが、いてもたってもいられないので朝からちょっとだけ走る。

副業で数時間離れるのも嫌になるくらいボーダーが怖かった。

昼休み、ドキドキしながらモバを開く。ボーダーは相変わらずめちゃくちゃ上がっていたが、「今100位の人が○億点積めるのだろうか」と考えた。おそらく不可能だろうと踏んで、何もせず、ただボーダーを眺めていた。お借りしていたキャスターはざまとキャスターやました、光のVo力団員都築さんをお返しした。お世話になりました。ありがとうございました。

夕方。副業が終わった。

終結果、1X位。アスランたくさんきた!!虹称号もらった!!!やった!!!最高の冬だ!!!

チムイベ簡易記録

モバMのチムイベを走った記録。

ヴァルハラに行った。初めてのチムイベ走りだった。記憶が曖昧になっているのでほぼメモ書き。

 

当初の目標

チームにはどうにか貢献するとして、個人は……できたら欲しいなあ。でもどれくらいのペースで走ったら1枚獲れるのか全然わからん、ボーダーもわからん、いざとなったらトレードでどうにか……。

結果

何故か若干オーバーラン気味で個人1枚獲ってた(チーム戦が楽しくなってしまった&微妙に1枚狙えそうな順位にい続けていたので、トレード探すより今走った方が絶対いいと思った。ラスト三日で1枚取りにシフトした)

 

雑感

※公演における戦略等については、チームによって異なると思われる為、言及しない。

 

・フルパンで140万出るデッキが必要。16コスSR+を2枚、それ以外14コスSR+で固めていたら何回かに一回ぐらいの頻度でできた(記憶がガバガバ)。属性もスキルのバラバラのデッキでこんな感じなので、安定させるなら、デッキの編成を考えるなり16コス増やすなり特効引くなりするといいのかな。

・ライブ形式イベントの後遺症で、チームの方々の残りワンパンのライブを叩きまくってしまった(千本ノック状態)。そしたら割とバーの戻りが良かった。

・しかしアイテムは溶けていく(主にゼリー)

・Pスキル、個人順位のドーピングと言っても過言ではない。

・公演中にスペシャル営業回すのが一番みりき効率良い?公演時間外はEASY周回、ポイント積みたい時はHYPER周回

・発揮数ボーナスの概念をようやく理解した。そしてアクティブなチームの有難みを理解した。同じ発揮数なら参加人数多い方が勝つ。数字が読めない私でも理解できた。よくできてる……。

・点数から盤面がなんとなく予想できるようになった(次回までに忘れてしまいそう)

・公演1位のボーナスえぐい

・チーム及びチームメンバーの皆様の存在、めちゃくちゃめちゃくちゃにありがたい。そして公演がめっちゃ楽しい。

・ライブ、ビンゴ、チムイベで2枚取りをしたが、一番苦しかったのはビンゴ。ビンゴは時間帯に関係なくいつでも好きな時に好きなだけ走れる。それが私の生活リズムをボロボロにした(不安で走りすぎる+自己管理ができない)。この調子でいくとマラソンとライプロもボロボロになっちゃうな。

イルミ爆走記録

モバMのFantastic illumination 2018(11/30〜12/7)を2枚取りしたときの記録。

 

目標

100位入賞(2枚取り)

 

結果

1X位(オーバーラン)。7億ぐらい積んだ気がする

 

準備

・思い出メモ開封、おみやの確認、通常営業バー養殖。今回はそれに加えて、信頼度がMAXじゃないカードを全て書き出して順番に信頼度を上げて、バーの足しにする。

・周囲のPに頼み込んで強いカードを借りる(デジャヴ)。担当イベが来るたびに「14コスSR+貸してください!!!」と叫ぶマンになってしまった。本当にいつもすみません。大変助かりました。ありがとうございます。

ロンナイアスランちゃんをチェンジさせることにしました。弊事務所唯一の16コス。爆裂絵アドのアスランちゃん。惜しい気持ちもありましたが、最新のアスランちゃんを迎えにいくので問題ないと判断。

 

アイテムの増減

開始前

ゼリー 222
マイゼリー 85
ハーフゼリー 225

バー 334
フルバー 69
ミニバー 845

 

終了後

ゼリー 198
マイゼリー 85
ハーフゼリー 40

バー 283
フルバー 無
ミニバー 10

 

買ったもの

スタダ100、3000×2、5000×1
ラスパ1000×2
毎日150

 

おみや

全部合わせて100以上あった気がするが、6日目に尽きた。


ボーダーの予測について

予告から、勝手にビンゴだと判断。ライプロの可能性は考えないことにした。

一番参考になるのは前回の節分かと思い、真っ先に確認した。今年の他ビンゴと、昨年のイルミネーションイベントも参考にした。

1枚の場合と2枚の場合、それぞれの数値を書き出しておおよその傾向をつかむ。その結果、「イベント終了前々日13時ボーダーの2倍が最終日ボーダーっぽい」と思ったのだが、これは完全に大嘘でした。数!読めないよね!

そしてドツボにハマったため、考えるのはやめた( い つ も の )。イベント始まって数値出てから考えればいいよね!

1枚にするか2枚にするかもイベント始めるまで決められなかった。イベントが始まったら体が勝手に2枚走りしてた。あまりにもまばゆくて、虹称号が欲しくなってさ……。

 

ガシャ結果

有料→100円1回と6人1回。ガシャRすら出ないので早々に諦めた(デジャヴ)。

長チケ→X000枚引いた。北斗がたぶん10チャオくらい(すごく癒された)。恒常SRは1枚ぐらい。そしてアスラン1枚(優勝)。

Pエン→許さんぞ


稼働時間

基本的に、副業のある日は夜に集中的に走った。21〜2時まで休憩を挟みつつ走る。ボナタイが切れなかった時やバーの戻りが良い時は3時まで起きてたこともある。アホでは?

副業がない日は昼でもなんとな〜く走った。休みの日ほど体が眠りたがるので、めちゃくちゃ走れたかというとそうでもなかった。

アイテムの数が心許なくなってきた中盤ぐらいからは、プレ撮が出たら1時間20分休憩。仮眠するなり風呂に入るなりした。

 

走り方

基本的にHARD周回。

HARDの3ステージ目(?)に来たら、プレミアム撮影が出るまで延々と撮影を見送る。プレミアム撮影が出たら適宜休憩を挟んでボナタイ突入、そのままHYPER周回。あとはボナタイが切れるか私が切れるかの勝負。

節分アスラン、ジャズ北村、アラビアンナイト九郎くんの1枚取りのときは、NORMAL周回からボナタイでHYPERに駆け上がるようにしていた。今回は点を取ることしか考えなかったのでHARD周回にした。

 

学んだこと・反省・教訓

・アピールアイテムでバーを節約するほうが精神に良い。

これに尽きる。

アピールアイテムがいくつあっても、バーがなければ撮影できない。終盤にバーが枯渇して激しい追い課金をする、という展開は避けたかった(WTガシャが被っていたため)(許さんぞ)。

パネミシールはとっておいて、必要な時にアピールアイテムに交換した。

また、ミニバーは調整用に取っておかなければいけなかったので、フルバーが先に尽きた。マイじゃないバーにも手を出した。

・両面の場合も考えてボーダー予測立てようね(私にはたぶん一生無理)。

 

雑感

・ビンゴ2枚取り、思ってたよりキツかった。

私は怖がりなので、スタートダッシュキメてある程度余裕を持てる順位を保つやり方が好きなんですが、毎日毎日ボーダーの上がり方がめちゃくちゃ怖かった。最終日前日からの水位の上がり方本当に怖かった。たぶんSeaside Live2枚走りきった時よりも怖かった。ボーダー+1億でようやく慢心できた。このボーダーの感じはビンゴ独特なんだろうか。

・バーが5000本ないならアピールアイテム使ったほうがいい(大袈裟)。

・この先、未掲載の雑誌が尽きたらどうするんだろう。月に4冊ペースで増え続けるとはいえ、担当上位の時の消費スピードの方が絶対に早い。どうしようほんとに。

・今回、いつにも増して人に助けてもらっちゃった……。

イベント開始三日目ぐらいの時、思い出メモ即ちミニバー集めの為、周囲のPに向けて「私が持ってなさそうなイベR貸してください!!」みたいな無茶振りをしたら、各方面から続々と集まってきた。マジでありがたみしかなかった。バー何十本分助けられたことか。

しかも、皆さんそれぞれ守備範囲が違うPだったから、マジで「大集合!!!」感がすごかった。いろんなアイドルの、知らなかった一面を知れて楽しかった。

人から随分助けてもらってようやく2枚取れた感じです。何かお返しさせてほしいと思って、でも何もできないからゼリーを……ゼリーを握らせることしかできない……。誕生日特効とかでお役に立てることがあったら言ってください!!!

・同じチームの方々が走ってるとすご〜〜〜〜く励みになって、心の中で応援しながら「すごい!!私もやるぞ!」って思えた。ありがとうございました(勝手に)。

・ビンゴは基本的に自分のペースでやらなければならない。ライブの時はプレライが飛び交う時間帯に合わせて勢いよく叩けばよかったのだが、ビンゴはそういうお祭り感は無い。心が折れかけた時、このままじゃいかんと思って奇行に走った。好きな曲を聴いたり、好きな映像を見たり、果ては好きな服に着替えたり……。でも、そのおかげで最後まで気分上げて走れたから、やっぱりフェイバリットに囲まれるのは大事!!!大切なことを思い出した気分。ありがとうイルミ2018。

高熱にうなされながら見たクソ夢

高熱にうなされながら見たクソ夢一覧作ろうと思ったけど、2つぐらいしか覚えてなかった。どっちも忘れたいタイプの胸糞夢、完全にファックである。


1. 家で仕事をしている夢(クソofクソofクソofクソ)

業務時間、ラスト1時間は家で一人で仕事することになった(なんで?)。

そしたらめっちゃめんどくせえババアから電話掛かってきた。拗ねちゃったのぉ〜?なんで途中で拗ねちゃったの〜????めんどくちゃいでぴゅねぇ〜〜〜?????

ハァーどうしよ、どうやったらこの電話切れるのかなと思いながらクソ馬鹿丁寧丁寧丁寧な喋り方をして(何か喋るたびに、ババァちゃんによる言葉尻捕まえていちいちあげつらうクソ・ムーヴが発生。しかし半分ぐらい何言ってるかわからない。私はそれに興味がない)、ほんとにどうしたらこの話は終わるんだろう、何十分掛かるのかな、だるいな、と喋ってる途中、母に起こされたのでクソ馬鹿電話は終わった。サンキューマッマ

 

2. うなぎの稚魚を片手でシメる動画が子猫を片手でシメる動画に変わっていく

うなぎの稚魚を片手でシメる動画を見てた。

あれは便宜上「うなぎ」だったが、実際はうなぎ色で装飾の少ないウーパールーパーだった。

親指と人差し指で輪っかを作るようにして、うなぎの首を絞めるんだけど、うなぎがあまりにも脆いので、うなぎは窒息するより先に首の骨を折られて死んでしまう。だいたいは親指で首の骨を追い込む。うなぎは終始ポカンとしている。

それを何匹も何匹も、ひたすら絞め殺していくんだけど、うなぎの顔を見てたら妙に口が横に広くて愛嬌のある顔だと思った。うなぎの口に少し産毛が生えてることに気づいた。「うなぎって産毛生えてるっけ?」と思いながら動画を見続けていくと、だんだんうなぎが哺乳類っぽくなっていく。

最後には子猫に限りなく近い生き物になる。

子猫に限りなく近い生き物がうなぎと同じように親指で首の骨を折られそうになってる。ポカンとした顔で。私は最後まで見終える前に動画を閉じた。

秋夜の記録

ジャズイベ走った。簡易的な記録です

 

イベント形式:ビンゴ

日程:10月9日~10月15日(7日弱)

誕生日特効:アスラン、クリス、九十九先生の3回(狂ってる)

 

目標:想楽くん1枚(1000位) 2億ptくらい積む

結果:想楽くん1枚、ブロマイド取得(2XX位) 3億ちょい積んだ


アイテムの増減

イベント開始時

ゼリー 207
マイゼリー 71
ハーフゼリー 338

バー 105
マイバー 51
ミニバー 1215

 

イベント終了時

ゼリー 207
マイゼリー 70
ハーフゼリー 167

バー 105
マイバー 50
ミニバー 195

 

買ったもの:スタダ×1、ラスパ500×2、毎日の150(1、2日分買い逃したかもしれない)、出来心で回したガシャ1+6回分(もちろん何の成果も得られませんでした)

 

基本的な編成

14コスSR +5枚、特効R+麗さん、恒常SR+英雄4枚

フルパンで130~155万ptくらい?

 

3回ある誕生日はそれぞれのキャラ多めの編成。SR+よりイベR+の方が前に来る。

 

ちょっと詳細なイベント記録

アスランの誕生日である初日、担当の誕生日特効で走れるのが嬉しすぎた&なぜかバーがすごく戻ってきたから、勢いよくスタート。

副業終了からの6時間ぐらいで134,038,160pt到達。さすがにアスランSR+敷き詰めはできなかった為、フルパン約186万ptが限界だったが、それでもかなり助かった。LOVE。

初日が一番稼げた日だった。あとはちょびちょび走ったり休んだりしつつ、クリスさんと九十九先生の誕生日で更に積んだ(同僚Pさんへ 誕生日なのに先生を貸してくださってありがとうございました…)。

13日の23時半の時点で234,432,720ptだったらしい。最終ボーダーを確認できてないけれども、だいたいそのへんで止まってもよかったはず。

10日から13日まで、バーがほとんど戻らず、プレ撮もちっちゃいしょっぱいのが少しずつしか出てこなかった。ミニバーをゴリゴリ減らして無理やり走った。

最終日。急にプレ撮がバンバン出るようになり、バーも戻ってくるようになった。どうせならと思って更にポイントを積んだ。

14日22時半には3億pt超えたから、1日で7千万pt近く積んだことになる。ばか~。それでも初日の半分以下であることに驚くばかり。

 

雑感

・初日の数時間だけとは言え、担当の誕生日特効で爆走できるのが楽しすぎた。プレ撮さえ起きれば最初から爆走できる。これはビンゴのいいところ。

・プレ撮が起きたら1時間20分休憩していいよ!って決めたら生活との折り合いがとてもよかった。そのぐらいあればご飯も食べられるしお風呂にも入れる。これはビンゴのいいところ・その2。

・7日弱の日程のなかに誕生日特効が3日間ある構成、メリハリがあってよかった。7倍特効はお祭り感があって楽しいけれど、色々と肝が冷える。

・もっとアピールアイテム使ってバー節約してもよかったかも。ミニバーが目に見えて減ってくのが少しだけキツかった。逆に言えば、普段からミニバーを稼いでおけば無課金で走れるということ(しかし2枚取るのは相当厳しいかと思われる)。

・ゼリーが消える

・長チケのことは信じない(Rも出ないとは思わんかった)

・今年の2月にヒィヒィ言いながら走ったビンゴ(1枚取り・ブロマイド取得)よりも点数を稼げた。リアルマニーもそんなに使わずに済んだ。強くなったんだなあ。

・どうやったらオーバーランが防げるのかわからん。イベントに触ってない間は冷静に「2億ちょいぐらいかな~」って思えるのに、ボーダー見たり軽く走ったりすると「やっぱ2億5千万!!」「2億8千万行く!?」「夢はでっかく3億点!?!?!?!」って感じで不安がエスカレートする。最終日に副業があると更に不安になる。もう仕方ないね…。

 

小学生並みの感想

最終的には目標の1枚取りを達成したし、ブロマイドも貰えたのでよかったです!!!!コンセプト的にも5人揃った絵が嬉しい。

とっても楽しく快適に走った気がします。海辺でバーが消えた後から地道にバーを増やしていたことと、そもそも1枚取りだったこと、ビンゴを走ったのが二回目だったことetc...で、切羽詰まった感じが全くありませんでした。

今回みたいに条件が良ければクリスも走りたいので上位楽しみにしてます!!!

色を見てもらったんだ

タイトル通りです。

前回の続きです(私の人生はいつも前回の続きだよ)。

yeahgenkayhappy77.hatenablog.com

 

すごくストレートな感想を言うと、

めっっっっっっちゃ楽しかったぁ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!

以上です。

 

以下、思ったこと、気づいたこと。

 

・肌の色関係ないってマジだったんだね

肌の色関係ないってマジだったんだね。ってほんとにそれだけです。イエローベースとブルーベースがあって云々っていうの、そういうのが気になった人ならみんな知ってるレベルの話だと思うんですが、そこで大体の人が一度は

肌が黄色い=イエローベース
肌が青い=ブルーベース

みたいに思うじゃないですか。私もそう思いましたよ。それだけじゃ決まらないって頭でわかってはいても。

だから私は、自分の肌を見ては

「黄色っぽいな。なんだかんだイエローベースのほうかな」

だとか一丁前に思ってたんですよ。半分正解で半分ハズレでした。

 

先生に肌を見てもらった時、「黄色いね」って言われました。そのあと目の色や髪の色や質感まで見てもらった段階では先生も「スプリングかオータムっぽい特徴」というようなことを仰ってました。私もその時は「そうだなぁ〜」って思ってました。

実際に布を当て始めると、割と最初の段階で「ブルーベースですね」って言われました。

Good-bye, my spring / autumn holidays...(デデデッ デーッデンッ)

色によって印象がどう変わっていくか、何が似合ってて似合ってないのか、最初はよくわからないんですけど、だんだんわかってきます。

だって、似合わない色(カーキ系の緑とかオレンジとかラクダ色)を顔にあてると、明らかに老けたり、土気色の肌になったり、色が強すぎたりするんですよ……。

結果的には、ブルーベーススモーキーな色が似合うサマータイプだったらしいです。

コ・ン・ニ・チ・ハ Summer Holidaysじゃん。

単純に4分割で分けられる感じでもなさそうでした。そのあたりは先生がとてもしっかりと理論から教えてくださいました。トーン表、すごく便利ですね。勉強したい。

そんなこんなで、

血管とか肌とか髪とか目の色見ても、結局、布当てるまでわからんぞ!!!

って思いました。

数日前からSNSで乳首の色云々っていう説も流布してますが、あれについては自分の乳首の色なんて見たくない&見たとしても誰が言うかよって感じなので私には真偽はわかりかねます。

 

・歴代の8割の推しと担当の色が似合う色だった

これすごくないですか?私の歴代の推しと担当を並べてしまうと完全に性癖博覧会になるから書きませんけど、まあ、そういうことですよ。色で迷ったら担当と推しを見ればいいんですよ。ラッキーかこいつ!?

今まで寒色系が似合わないと思って担当カラーを身につけるのを控えてたんですけど、やっていいんだな!?!?やります。今後はバリバリやる。透明感爆誕さす!!!ゴリッゴリに出す!!!!

 

・違和感は違和感でよかったんだね

これもそのままです。前回、似合わない色について自分なりに思うことを書いてました。こんな感じです。

似合わんと思う色:黒、砂色、赤茶色、オリーブグリーン。あと、ガチの白も本当はダメなんだろうな

これ全部正解でした。違和感は違和感でよかったんですよ。

そこまで好きではないけれど無難だからって買ってたカーキとか砂っぽい色とかの服、二度と買いたくない。これからは堂々と買わずに済む。よかった。

そして似合う色と好きな色が噛み合わない問題も出てきました。でも大丈夫です、似合う色と組み合わせて顔から遠ざけたりしてどうにかこうにか使いますので(強情)。

 

・今まで持ってた化粧品や服の色と自分に似合う色が真逆だった

これも、もはやあるあるだと思うんですが、ほんとにこうだったので笑うしかなかった。

去年買ったテラコッタ色のニット、「秋冬にちょうどいいな〜、色味もカッコイイし〜」つって買ったんですけど、常に違和感はあったんですよ。よ〜し捨てるぞっ!

化粧品もそう。勝手に黄みがかった色しか似合わんのだと思って、そういう色ばっかり買ってて、恐ろしいことにそれでもなんとかなってた気がしてたんで、赤みブラウンだのオレンジだのそれこそテラコッタだのばかりをホイホイホイホイと集めてました。しかも少しだけ「青みも使いたいな」って思いながら。我ながらいじらしい。

いわゆるオータムの色が壊滅的だったので大手を振って諦められます。似合うテラコッタを探そうと思ってたんだけど、そもそも似合わねえんだってわかったらすっきりした。

でもでもでもでも!!!金のアクセと強めの赤リップはやめられません!!!!先生ごめんなさい!!!控えめにしますから!!!イキりたいときだけにしますから!!!

 

・「やりようがある!!」

私、まだ"やりよう"があるって思いました。

というのも、似合う色とよく使う色の範囲がほとんど被らなかったので、これからは使ったことのない色を臆せず使えるんですよ!これめっちゃ嬉しい。

今まで他の路線を突っ走ってきたから安心して新しい道に入れるんですよ。だって似合う色試してもしっくりこなかったら、覚悟決めて戻っちゃえばいいだけだから。

私、今まで透明感のトの字もない人間だったんですが、これからは訓練次第で狙って出せるようになるんですよ!すごくないですか!

やる!私やるわ!!日本画の幽霊の女みたいなガチゴリの湿っぽい透明感出してくからな(それはなんか違くない!?!??)。

 

余談:他人と一緒に行くと楽しい

余談です。今回、長い付き合いの友人Pと一緒に行きました。

今までにも、お互いに「あの色似合うね」「この色似合うね」「それやめたほうがいいよ」的な話は何回かしてきたはずなのですが、鏡の前に座ると、それだけじゃわからなかった事実が目の前で次々と発覚していきます。

友人と私、お互いの似合う色がお互いを殺す色でした。持ち物のトレードが可能なレベルで。今後、何かプレゼントするときはあちらさんの似合う色から選ぼうって思いました……。

一人で行ってももちろん楽しいんでしょうが、先生の他にもう一人自分を知ってる人間がそこにいて、「ああ!」とか「あぁ〜〜!!」とか言ってる光景を目の当たりにすると、似合うも似合わないも納得せざるを得なくなっていきます。

それと、私と友人は似合う色・殺す色が逆なので、似合う色味の確認が楽になったかもしれません。いざとなったらお互いの顔に当ててみればいいので(人体実験やめろ)。

 

 

他にも色々思ったけどこんなもんかな。

秋は着る服ないので冬に向けてアップしときま〜〜〜す!!!しばらく苦悩の日々が続きますがこれは楽しいやつ〜〜〜!!行ってよかった〜〜!!一緒に行ってくれた友人Pありがとう〜〜!そしてなにより先生、ありがとうございました〜〜〜!!!